いつまで、そのヨーグルト食べ続けますか?

ヨーグルトより低カロリー1粒たったの0.71Kcal
カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を1粒に20億個以上を凝縮!
生きて腸まで届く乳酸菌クレモリス菌FC株

先着キャンペーン中!





内臓脂肪率の平均(標準、男性、女性)

内臓脂肪率、内臓脂肪レベルは、CT画像診断による内臓脂肪総面積が100sqcmになると、医学的に生活習慣病を引き起こす可能性が高いといわれていることから、内臓脂肪を減らすための運動そして食事制限が推奨される、その目安にされています。

 

医療機関でのCT画像に代わる家庭用測定器がありますが、それによると、内臓脂肪レベルの標準は9以下、やや過剰は10から14、そして過剰は15以上になります。

 

大変興味深いことに、内臓脂肪レベルは、性別および年代において、かなり顕著に差が現れていることがわかりました。是非目安にしたいので、以下を参考にしてください。

 

男性の内臓脂肪レベルの平均値は、20代でレベル6、30代でレベル8、40代でレベル9、50代でレベル10、60代でレベル12、となっています。
女性の平均値は、20代でレベル3、30代でレベル4、40代でレベル5、50代でレベル7、60代でレベル6.5、となっています。

 

こうしてみると、どの年代においても、男性は女性よりも内臓脂肪がつきやすい傾向にあることがわかりました。すべての男性は、50代を過ぎたあたりから内蔵脂肪に是非とも気をつけたほうがよさそうです。女性は男性よりも明らかに内臓脂肪レベルが少ないようです。どの年代においても安全なレベルでした。

 

さて、女性に内臓脂肪がつきにくことがわかりましたが、なぜでしょうか。

 

女性は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンを分泌していますが、このエストロゲンが内臓脂肪をつきにくくさせているのです。逆に、エストロゲンは、皮下脂肪として蓄積されやすい傾向があります。女性に皮下脂肪型つまり全体的にぽっちゃりとしたタイプの肥満が多いのもこのためです。このように、女性ホルモンが分泌されなくなる閉経後には、内臓脂肪がつきやすくなることがわかっていますので、50代からは内臓脂肪レベルをしっかり把握する必要があります。皮下脂肪だと思っていたら、実は内臓脂肪だったということになりかねません。

 

脂肪がすべて悪いわけではありません。しかしながら内臓脂肪率が高いと、生活習慣病、そしてそれが引き金となり、深刻な疾患を発症します。メーカーから販売されている体組成計(内臓脂肪レベル、BMI、体脂肪率などが計測可能です)は、4000円台から購入できます。コンパクトで場所もとらないため、ご家庭に一台あると重宝しそうです。内臓脂肪レベルが気になる方は、自分で毎日記録をつけて、健康管理をなさるとよいかもしれません。

 

参考:内臓脂肪レベルの平均


関連ページ

低糖質ダイエットのやり方まとめ
激しい運動もせず、辛い食事制限をしなくても痩せる低糖質ダイエット法について綴ります。
キャベツダイエットの方法
キャベツダイエット法をご存知でしょうか?どのようにキャベツダイエットを実践するか?そのやり方についてお伝えいたします。
無理なく続けられる一食置き換えダイエット
短期間で痩せたいという方におすすめなのが一食置き換えダイエット。ポイントを確認しましょう。
酵素ダイエットのやり方
近頃はやりの酵素ダイエット。でもやり方がわからないっていう人もいるのでは?酵素ダイエットのやり方についてわかりやすく解説します。
にがりでお手軽にダイエット!
にがりでダイエットと聞いて、えっと思っている人もいるかもしれません。そんなダイエット情報をお届けします。
太ももダイエットのコツ
太ももダイエットのコツについて綴ります。
アントニアのダイエット宣言
アントニアがダイエット宣言しました。経緯は?結果はどうだったの?